スカルプケアサロンcolon:というサロンの在り方と自分の在り方

colon:

スカルプケアサロンcolon:というサロンの在り方と自分の在り方

おかげさまで弊社運営の「スカルプケアサロンcolon:」は来月8/15に7周年を迎えます。

一人でサロンに立ち、美容師としてヘッドスパ施術を通じてお客様の頭皮ケアをさせていただいた7年でした。

施術や準備、掃除などサロンのあらゆるものを自分でやっていくスタイル。

そもそも誰かと一緒に仕事をするというのがあまり得意ではなく、マンツーマンという仕事のやり方が自分には合っていたのだと思いますが、ヘッドスパや頭皮ケアという技術はそれを長年させてくれたと思います。

そんな自分が今回「2人の女性スパニスト」の方々にcolon:でお客様に施術をしていただくという契約をさせていただきました。

なぜそんな契約を結んだか。

今日は「7年間やってきて思うこと」「これからの目標」も交えて書いていきます。

スポンサードサーチ

これからの目標

・この2人のマネージメントをさせていただき、結果を出す

・自分ではなくcolon:というサロンがお客様に御来店いただけるブランディングをしていく

・頭皮ケアメインのヘッドスパ施術者を増やしていく

2人のマネージメント

先月から本格的に業務委託の募集をスタートし、説明会→面接をさせていただき、今月2人の女性スパニスト(美容師)の方と契約をさせていただきました。

最近自分が思っていたのは、

「誰かのために自分が動きたい」

ということでした。

自分が美容師になった時も先輩方が色んなことを教えてくださり、経験を積ませていただきました。
直接の恩返しという形ではありませんが、自分が7年やってきた「ヘッドスパ施術」「頭皮ケア施術」そして「マンツーマンサロンの運営」に関しては同じ道を歩もうとしている方々に何かお伝えできることがあると思い、今回「colon:で一緒に働きながら学んでいただける体制」をとりその募集となりました。

業務委託という形態にしたのはいくつか理由があるのですが、

・好きなときに好きなことができる環境をつくりたい

・好きなこと=シャンプーやヘッドスパ施術(頭皮ケア)という人の集まるところ(サロン)にしたいということ

・副業でもいい

という考えがあり、特に「ヘッドスパ施術を知らない人には自分のメソッドを教え、そのメソッドを元に独自の施術を見出してもらえばいい」というのが強かったです。

「有料スクールで教えていることをタダで教えちゃうの?」というご意見もいただきましたが、うちに所属して学んでいただけるなら大歓迎ですし、スクールの内容としてはcolon:が学校のような形になるので自分も細かいところまで教えやすいという結論に至りました。

接客に関しましてはマニュアルを作らずその人の個性(ルックス、話し方、考え方)に共感してもらえるお客様を見つけてもらうという形をとっていきます。

僕個人としては1人で稼いで1人で満足するフェーズを今回で終わらせて「誰かの役に立てるような40代にしたい」という目標を持って、個人個人をcolon:でマネージメント(プロデュース)していきます。

colon:ではマネージメントをさせていただく方々を「パートナー」、マネージメントをさせていただく自分を「サロンマネージャー」と呼び、お互いが学び合える関係としてやっていきます。

そして今後、パートナーの中から「サロンマネージャーになりたい」という方がいらっしゃったら是非お願いしたいと思っております。

スポンサードサーチ

サロンマネージャーとして

マネージメント(プロデュース)=売上、客数そしてそのスパニストの人生をどれだけ満足させることができるかが「結果」になると思います。

・お客様を呼ぶ

・環境を整える

・技術や知識を教える

といったことを主にさせていただき、仕事に関するあらゆるサポートをしていきます。

まずは「3ヶ月」という研修期間を設けさせていただき、その中でその人の長所や短所を見つけ、課題を一緒にクリアしていく予定です。

パートナーの募集に関しましては春夏秋冬(4月、7月、10月、1月)で2人づつと考えております(第二期は9月に面接、10月スタートの方々を募集する予定です)

基本的に自分が「この人をマネージメントしたい」と思った人を採用とさせていただいております。

今回サロンマニュアル製作なども初めて取り組んだので今後はパートナーの方々にもフィードバックをいただき、より良いものにしていきます。

画像1

お客様に御来店いただけるサロンブランディング

今までは自分一人でやってきたので自分以外に施術を受ける選択肢がお客様にはなかったのですが、今回から3人体制になりましたので個々の力も大事ですが、「colon:というサロン」の成長も促していかなくてはいけません。

・「スカルプケアサロンcolon:」を知っていただいたお客様にきていただけるようにする

・指名なしのお客様を増やし、自分が担当ではなく自分以外のスパニストに担当してもらえるようにする

といったブランディングもしていきます。

集客に関しては今まで無頓着だったのですがいろいろやってみて自分も勉強させていただきます。

スポンサードサーチ

ヘッドスパ施術者を増やす

もっと美容業界に頭皮ケアメインのヘッドスパ施術をするのが好きな美容師さんを増やして頭皮トラブルに悩むお客様のニーズにお応えできればいいなと常に思っております。

前述にありました「スクールでメソッドを教えてcolon:で働いてもらうこと」が目的ではなく、その人自身が独立しても頭皮ケア施術ができるようにしたいというのが理想です。

ヘッドスパ=オプションではなく、「メインメニューとしてなくてはならないもの」としてお客様に喜んでいただき、さらに施術者も喜んでもらえるような環境づくりをしていきます。

最後に

一見「シェアサロン」のような印象もあるかと思いますが、決定的な違いは「教育」があるということです。

パートナーの方々に成長していただくことでcolon:も自分も成長させてもらえる。

そういった未来を思い描いてます。

長々と書きましたがここまで読んでくださりありがとうございました。

面接時期は決まっておりますが、説明会に関しては随時受付しておりますので興味を持っていただいた方は公式LINEからお問い合わせくださいませ。

それではまた。