自分の進む方向を発信すると協力、応援してくれる人に気づくことができる

コラム

おはようございます。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

 

最近、目上の方とお話する機会がとても多く、感謝しております。

本当にありがとうございます。

 

今日は今、田口が思うことをちょっと備忘録的に書いていきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

自分の進む方向を発信していますか?

「自分の道」なので自分自身が何事も決めればいいことなのですが、

「そこに妥協はないだろうか?」

という振り返りは必要ですよね。

 

僕自身は

「ヘッドスパをもっとたくさんの方に知ってもらいたい、ヘッドスパを通じた美容を広めていきたい」

という思いがあるので、それを実らせるために日々サロンワークやブログを発信しています。

 

もともとは美容師としてモデルさんにお願いして撮影や作品作りもしていましたし、今でもカットやカラーは好きな技術です。

 

でもそれ以上に打ち込めるものを見つけてしまったんですよね。

 

僕が思う「道を貫く」ということはその打ち込めるものを見つけた時がスタートなんじゃないかと思うんです。

 

「ヘッドスパで生きていく」

 

というのも「無謀」と言われながらも、少しづつ形にできるようになってきて、最近はその思いや過程をお伝えしたいと思うようになりました。

ハサミを持たないでも美容師として生きて行くセミナーをします

 

教育というものに昔から興味がありつつも、「人様に教えることなんておこがましい」と思っていた人間なので、もちろんヘッドスパに関して発信することなんてありませんでした。

 

ですが4月から毎日ブログで少しづついろんなことを発信しているうちに1日1桁だったPVがその後1週間で2桁になり、3か月で4桁まで到達するようになりました。

それも有名な美容師さんや著名な方々にシェアして頂けたりしているおかげですが、自身の成長も感じることができ、最近の自分は今まで生きてきた中で一番好きです。

 

自分が好きということは心身ともに自分を大切にするし、自分を大切にすることで自然と周りの人も大切にしているということに気づきました。

自分を大切にしないとイライラして周りの人に嫌な思いをさせてしまったり、体調を崩して迷惑をかけてしまったりするわけです。

 

なので

 

「自分の進む方向を明確に発信するということは自分も周りの人も大切にできる」

 

そして

 

「自分の進む方向を発信すると協力、応援してくれる人に気づくことができる」

 

と個人的に思います。

 

行動に関して言うと、マンツーマンサロンという業態からスタートしたcolon:ですが、ずっと一人でやっていくつもりはありません。

ですがマンツーマンサロンをやめることもしません。

 

アイデアひとつでなんとでもなります。

 

以前にも書きましたが

行動によって人生なんてなんとでも変えることができる

行動さえすれば共感してくれる人や教えてくれる人は現れてくれます。

あとは自分がどこまで「貫けるか」です。

 

貫いた先には信頼と実績が待っています。

 

それは目上の方々の行動や実績を見て確信してます。

 

僕はそれを目指して日々発信していきます。

 

 

 

あなたは自分の進む方向を発信していますか?

 

see you