シャンプー剤はお客様にオススメする前に美容師がまず使ってみるべき

こんにちは。

田口です。

colon:は頭皮トラブルを抱えているお客様にご来店いただいているのですが、その方達にまず聞くのはシャンプーのライフスタイル

これは使用されているシャンプー、トリートメント、アウトバス(洗い流さないトリートメント)の種類、シャンプーの仕方、タイミング(朝or夜)、ドライヤーの使用状況、アレルギーの有無などをお聞きしています。

これを知ることによって何が一番頭皮トラブルの原因として考えられるかをピックアップします。

原因として多いのがシャンプー剤とシャンプーの仕方によるものが多いです。

よくシャンプーを変えたらかぶれてしまった、フケが大量に出るなどのご相談を受けます。

洗い方はご本人のやり方次第で変えることができるのですが、シャンプー剤は「どれをつかったらいいのかわからない」という方が多いです。

68d579581271829cfea70d7832ff248e_s

もちろん市販のものよりサロン専売品の方がオーダーメイド要素は高いですが、近年はサロン専売品もサロンではないところで売られているのも現状です。

値段もピンキリですので安いものもあれば高いものもあるのでお客様はさらに迷う。

ですので、やはりシャンプーは美容師がお客様のライフスタイルを教えていただいて、セレクトしてお客様にお伝えするべきものだと思うんですよね。

ただし、「流行りや店のキャンペーンなどお客様の頭皮状態に関係のない理由で選ばない」というのが前提です。

もちろん使用感などはあらかじめ自分で使って知っておくのが当たり前。

香りはもちろん、泡立ち、すすぎやすさなど最低一週間は使用しないとわからないと思います。

使ってもないものをオススメするのなんてありえないですよね。

シャンプー剤をアプローチしてもお客様にお買い上げ頂けない美容師はまずこういうところから見直してみてはいかがでしょうか?

お客様からは代金だけではなく「信用という対価」も同時にいただいているのですから。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク