僕はシャンプーだけをする美容師がいてもいいと思う

おはようございます。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

今日はコラムからスタートです。

スポンサーリンク

あなたのシャンプーはいくらですか?

68d579581271829cfea70d7832ff248e_s

今シャンプーレッスンに一生懸命取り組んでいるアシスタントの方もいらっしゃると思います。

大きなサロンだと一年目のスタッフがシャンプーマンとして一日中お客様にシャンプーをさせていただくことも多いと思います。

シャンプーってすごく大切な技術なんですよね。

なぜなら初めてお客様と一対一で接する技術なのですから。

シャンプーブローというメニューがあります(colon:にはありませんが)

文字通りシャンプーとブローをさせていただくメニューです。

このメニューを¥3000としたらその中でシャンプーはいくらですか?

3000円?2000円?1000円?500円?それとも0円?

シャンプーって値段で考えるとサロンの中で一番低価格なメニューかもしれません。

ですが、無意識にその低価格の感覚でシャンプーをしていませんか?

シャンプーは一番のコミュニケーションツール

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

一番初めに覚える技術がシャンプーという美容師さんは多いと思います。

カラーやパーマ、カットももちろん大切な技術ですが、シャンプーほど相手を思いやる技術はないです。

よく言われていることですが、シャンプーはサロンの中で唯一「気持ちよさ」を提供できる技術です。

お声がけ、お湯加減、力加減など「心遣い」というものが自然に学べます。

そして一番初めに覚えるからこそ、熟練していくべき技術なのです。

僕はシャンプーだけをする美容師がいてもいいと思う

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

お客様にシャンプーやヘッドスパをするのがカットやカラーやパーマをするより好きという美容師さんは意外と多いのではないかと思います。

最近美容師のお客様も御来店頂きますが、よくそれを聞きます。

美容師=カットできる人

という時代ではもうないのかなと。

もちろんカットやカラー、パーマはなくてはならない技術です。

ですが、シャンプーやヘッドスパもまた同じぐらいなくてはならない大切な技術なのです。

個人的にこれからは「オールマイティ」ではなく「個々のスペシャリスト」が確実に根付いていくと思っています。

すでにシャンプーやヘッドスパだけでも十分仕事として成立しています。

ちなみに僕はカットと同じ1時間でのヘッドスパで倍以上のお代をいただいてます。

それは本当に価値のあるシャンプーとヘッドスパを選んでいただきたいという気持ちがお客様に届いているからだと思います。

一つのものに対して「極める」ということをこれからも引き続きチャレンジしていきます。

気持ちのいいシャンプーで溢れる美容業界にしていくことを目標に。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加