ヘッドスパという技術を続けてきて思うこと

スポンサーリンク

ヘッドスパという技術を続けてきて思うこと

ヘッドスパサロンを大阪でオープンして4年、岡山で美容業と宿泊業・飲食業を備えた店舗を1年、東京でもサロンをお借りした出張ヘッドスパを半年させていただいております。

主な仕事はヘッドスパ施術や育毛メソセラピー、増毛エクステを中心としたサロンワークや美容師さんを対象にしたヘッドスパスクール&コンサル、ヘッドスパ専門のオンラインサロンの運営をしております。

4年間やってきて思うことですが、

「ヘッドスパで食っていく」というのは本当に難しいです。

現在でも毎日焦燥感や危機感を感じてます。

ただ、もちろん結果を出し続けないといけない仕事ですが、それ以上にやりがいがある仕事でもあります。

結果とは

結果というものが何を指すかは人によって違うと思いますが、僕は「利益」が結果だと思っています。

利益がなければ事業を継続できないし、新しいサービスもスタートできません。

僕の行動理念は

「ヘアサロンでオプションメニューとされているヘッドスパではないヘッドスパを提供する」

というものです。

自分自身、美容師として就かせていただいて16年目になりますが、その経験や知識を活かし、頭皮トラブルに対してカウンセリングからマッサージシャンプーなどの施術、ご自宅でのケア方法などをお伝えし、お客様と共に寛解を目指す独自のメソッドを「TAGUCHI」という施術として提供させていただいております。

その中で対価としてお客様からいただくものが利益となり、それが事業を継続させていただいている基になっております。

これから

僕はこれからも「一人のスパニストがどこまでやれるか」というものを体現し、「美容師が知識や経験をもって行うヘッドスパ」というものがこれから一般の方に必要とされる高尚な技術というのをスクールにこられた美容師さんに伝え続けていきます。

今後は一緒に事業をやっていく仲間を探したいと思います。

頑張ります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加