ヘッドスパニストの僕が宿泊業をする理由

スポンサーリンク

ヘッドスパニストの僕が宿泊業をする理由

僕は岡山県美作市で「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」というヘッドスパサロンを運営させていただいているのですが、なぜ宿泊業なのかというところを書いてみます。

現在大阪と岡山の2店舗を1人で行ったり来たりしておりまして、最近は東京にも出張ヘッドスパに行かせていただいているので3ヶ所でヘッドスパ施術をさせていただいていることになります。

マンツーマンのヘッドスパ専門店というだけでもお客様から珍しいと言われるのですが、昨年9月にオープンした「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」ではそれに加えて「宿泊業」もさせていただいております。

きっかけはヘッドスパ後のお客様の「このまま寝れたらいいのになー」というお声と、妻の実家である岡山県美作市の自然溢れる環境がマッチして閃いた「こんなゆったりとしたところでヘッドスパのあとそのまま寝てもらえたら最高なんじゃないか」という発想からでした。

築50年の昔ながらの蔵をリノベーションし、できるだけ田舎の風景に溶け込むようにしました。

クラウドファンディングにも挑戦し、多くの方にご支援いただきました。本当にありがとうございました。

1人のスパニストが初めてのクラウドファンディングに挑戦してみた結果

こんにちは。 「ヘッドスパサロンcolon:」・「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」の田口です。 6/30から2ヶ月間させていただいた 「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」 のクラウドファンディングですが、昨日8/30をもちまして無事終了となりました。 最終支援総額は ¥882000 でした。。本当にありがたいです。。 …

そしてオープン。

地元のテレビ局にも取材いただき、

周りの皆様のご協力もいただき、とてもいいスタートを切らせていただきました。

「泊まれるヘッドスパサロン」に必要だと思ったのが、

・美容所の許可

・宿泊業の許可

・喫茶店営業の許可

でした。

ヘッドスパをするための美容所としての許可、そして「友人に家に泊まってもらうような形の非公式なもの」ではなく、正式に「宿泊所」として運営したかったので宿泊業の許可も申請しました。

晩御飯は地元のお店に温泉と共にご案内するのですが、オリジナルコーヒーやスムージーなども提供したかったので、喫茶店営業許可も申請しました。

試行錯誤の結果、無事に3つとも全て許可をいただくことができました。

お部屋は一室のみ。

1日1組(3名様まで)限定でご予約を取らせていただいております。

アメニティーをご用意したり、シャワー室を掃除したり、裏の畑で野菜を作らせていただいたりと

「美容師ではない」仕事を楽しくさせていただいております。

その中で毎回いろんな発見があり、美容師のホスピタリティーを越えた宿泊業のホスピタリティーを学ばせていただいております。

宿泊業をさせていただいていてこれが僕にとって一番の学びです。

掃除ひとつを考えてみても、ホテルで清掃されている方々は本当にすごいと思いますし、自分はまだまだだなと反省の毎日です。

ですが、世界初の「泊まれるヘッドスパサロン」に来ていただいたからには最高のおもてなしを考えております。

自家製お味噌の作り方を教えて頂いたのでブログに書き残しておきます

地元の方に自家製のお味噌の作り方を教えていただいたりと、今後ワークショップも考えております。

今回は「星空とホタルツアー」なるものを企画しました。

星空とホタルの調査に行ってまいりました

岡山店の「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」では、6月限定で 「星空とホタルツアー」 を宿泊客の方にご案内しております。 nedocoから車で10分ほどの山道で上は星空、下はゲンジボタルの淡い光という幻想的な場面に出会えます。 今年はnedocoをオープンして初めての「星空とホタルツアー」なので、下見がてら調査に行ってまいりました。 夜9時。 無数の星。 …

ご宿泊いただくお客様、ありがとうございます。

ヘッドスパを通じてこれからも新しい道を切り拓いていきますので応援よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加