セルフヘッドスパにも使える「マッサージシャンプー」の動画を一部公開します

今日はcolon:のオープン当初よりお客様に提供させていただいている擦らないシャンプー技術「マッサージシャンプー」を動画にしてみました。

美容師になってから約10年、美容学校やサロンで教わったシャンプー技術をお客様にさせていただいておりましたが、頭皮トラブルについて勉強していくにつれ、「頭皮を強い力で擦る=頭皮や毛髪のダメージに繋がる」というのを考えるようになり現在このマッサージシャンプーをさせていただいております。

スポンサーリンク

マッサージシャンプーとは

お客様の頭皮の状態にあったシャンプー剤を泡立てずに液状のまま頭皮に直接塗布します。

これは泡立ててしまうと毛髪に多くの界面活性剤がついてしまい、肝心な毛穴付近の汚れが取りにくくなるためです。

そしてマッサージするように優しくもみ洗いをしていきます。

最近のシャンプーはどれも汚れを取るには十分な洗浄力を持ってるため、ガシガシ洗わなくてもいいという考えです(ワックスなどのスタイリング剤がついている場合は予洗いをして下さい)

逆にかゆみがあるからといってガシガシするとさらに患部が悪化し、頭皮トラブルになりかねません。

最低限の力で優しく頭皮洗浄をし、血行を良くすることが大事です。

お家でのセルフヘッドスパとしてこのマッサージシャンプーをオススメしている理由もここにあります。

美容業界のシャンプー技術は惰性で長年来てしまっているのではないか

僕が美容学校で初めてシャンプー技術を習ったのが約15年前。

カットやカラーやパーマ、トリートメントは移り変わりが激しいですが、シャンプーはサイドシャンプーからバックシャンプーへの変遷はあったにせよ、シャンプー技術のマニュアルはほとんど変わっていません。

サロンでも先輩が後輩にそのままシャンプーの方法だけを教えるという惰性でそのまま来てしまっている現状があります。

これはヘッドスパや頭皮トラブルケア、育毛に携わって感じた僕の見解ですが、頭皮に摩擦を与えるシャンプー方法は万人には通用しないのです。

美容師のシャンプーをサロンで実際に受けて「これが正しいシャンプー方法なんだ」と感じてお家でそのようにされるお客様もいらっしゃいます。

ですので、もっと美容師がシャンプー技術に責任を持ってお客様ひとりひとりの頭皮の状態に合わせてシャンプー方法を変えるべきだと思います。

あくまでもキレイな頭皮を作るのはシャンプー剤ではなくシャンプー方法です。

それが本当のシャンプー技術ではないでしょうか?

薄毛の原因も過度なシャンプーが原因の一つとされています。

一人でも多くのお客様がご自身の頭皮環境に合っていないシャンプー方法で頭皮や髪の毛を自傷してしまわないよう努めていく次第です。

ご参考までに。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加