融資の承認をいただけたのでこれまでのことを色々書いてみる

こんばんは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

融資の承認をいただけたのでこれまでのことを色々書いてみる

本日無事に融資の承認をいただきました。関係者の方々、本当にありがとうございました。

今回、岡山に「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」を作るにあたってこれまでのことを色々書いていきたいと思いますので、これから出店する方や2店舗目を作られる方へ何か参考になれば幸いです。

融資について

細かい金額については伏せておきますが、今回のnedocoを作るのにはcolon:出店時の約2倍の資金が必要でした。

実は古民家を改装するのは工事費がかなりかかるんですよね。。

融資を受ける方法は色々ありますが、僕はcolon:の時と同じく「信用金庫」にお願いしました。

「えっ国金(日本政策金融公庫)じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、僕は地域に根付いている信用金庫をセレクトしました。

colon:の時は信用金庫の方々が融資を受けた後、お客様として来てくださったので(融資の相談の際にすでに予約をいただいていました)、国金の低めの利子と比べてもそちらを選びました。

そして今回も。

今回は経験のために試しに国金の面接も受けて見ましたが、全く相手にしてもらえませんでした(笑)

理由は

・大阪以外で事業をするということ(なぜ大阪で安定しているのに岡山のさらに田舎で新事業をするのか)

・ヘッドスパ+宿泊という新しい事業が受け入れられなかった(聞いたことがないので返済できるのか)

・美作市が岡山県で一番人口が少ないから(集客どうするの)

というものでした。

さらに資料を膨大に用意しなければならなく、しかもそれでも融資は受けられるかわからない状況だったので諦めました。

融資を受けるのは別に国金じゃなくてもいいんですよ(笑)

受け入れられないんだったらしょうがないです(笑)

で、こんな話を信用金庫の担当の方にお話すると二つ返事で審査が始まり、本日無事に融資を受けることを承認していただきました。

資金調達にはいろんなやり方があるし、従来通りのやり方じゃなくてもいいんじゃないか

世界初!田舎宿泊型の「泊まれるヘッドスパサロンnedoco」をオープンします! – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

「ヘッドスパ + 田舎宿泊 = 心と頭皮のリラクゼーション」 ヘッドスパ後にそのまま寝ていただけるスペースを持った新しい形態のヘッドスパサロンを岡山県美作市にオープンします! 美作市の情報発信基地としてここにしかない「場所・体験・モノ」も楽しんでいただけるサロンを目指します。

現在、nedocoのクラウドファンディングも継続中でして、予想以上の資金を支援していただいております。パトロンの皆様、本当にありがとうございます。

最近は信用=資金になってきている時流ですが、その通りで、こういったクラウドファンディングでも支援していただくことができます。

「お金がないのでできない」は通用しない時代になりましたね。

見切り発車も時には必要

ご存知の通り、すでにnedocoの工事は始まってます。

融資が承認されなかったら僕はどうしていたのでしょうか(笑)

でもこれが「覚悟を決める」ということなんですよね。

安心できるぐらいのお金ができてから始めていたら時期が過ぎてしまいます。

「今」なんです。

「今」やると決めたら覚悟を決めてやるんです。

すると不思議なことに周りの方々が協力してくれます。

本当に感謝です。

常に前を向いて取り組む姿勢を忘れず、パイオニア(先駆者)として生きていきたいですね。

それではまた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加