できないかもしれないでもいい。周りの人たちに事前に「宣言」しておくことで想いは行動に変わる。

こんにちは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

「できないかもしれない」でもいい。周りの人たちに事前に「宣言」しておくことで想いは行動に変わる。

今日はちょっとメンタル面に関して書きます。

僕は独立するまでは、いわゆる「口だけ達者で行動しない人」でした。

ミーティングなどの発言する場で自分が思うことは偉そうに言うくせに実際に行動しなかったんですよね。

で、独立を考えたときにこのままではダメだと思い、「自分の発言に責任を持つ」と言う意味で「他人に一度宣言したことは時間がかかっても必ず何らかの形にして達成しよう」と決めました。

まずはその独立する時に「他のサロンよりヘッドスパに関して圧倒的に専門店になります」と働いていたサロンのオーナーに宣言してそのサロンを退社しました。

それが「ヘッドスパサロンcolon:」の始まりでした。

まだまだ宣言通りの「圧倒的」には到達していませんが、マンツーマンヘッドスパサロンの可能性は自分ながらに見い出すことができました。

オリジナルシャンプーの制作や2店舗目に関してもそうです。

お客様や周りの方々に事前に「宣言」しておくことで「必ず達成させなくてはいけない」「達成しなかったらダサい」という気持ちが湧いてきます。

応援してくださる方も現れます。

逆に宣言せずに自分の中にためておくといざそのプロジェクトができないかもしれないという事態に陥った時に「諦めてしまう」ことになることが多いように思います。

以前の僕がそうでした。

言い訳なんていくらでもできるので、途中で投げ出すことなんて簡単なんですよね。

ですので僕は

できないかもしれないでもいい。

周りの人たちに事前に「宣言」しておくことで想いは行動に変わる。

と思うのです。

1人ではできなくても周りの方のご協力でできることもあります。

宣言して助けてもらいましょう。

何よりこれをすることで自分の「これから」を自分自身が確認できるのでオススメです。

最初からそのプロジェクトができるかできないかなんて関係ないんです。失敗したらやり直せばいいだけ。やり直す気がないんだったらそれまでの薄っぺらいプロジェクトだったってことです。

とにかく「行動」する

時間は有限です。

お金がないなら銀行に相談するなり、クラウドファンディングでも何でもすればいいんです。

意外と成功するかもしれませんよ。

やるかやらないか。

ただそれだけです。

ではまた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加