1人で2店舗をすることが無理なんて全く思わない

こんにちは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

工事が始まりました

先日地元の建設会社との契約も無事完了し、今日から実際に現場で工事が始まりました。

岡山店の計画を考え始めたのが2015年の冬でしたので、約一年半ほどかかりました。。

周りの方々のおかげでまずはここまでたどり着くことができましたので感謝しつつ、これまでの経緯などをちょこちょこ書いていきたいと思います。

2店舗目を作る理由

僕は現在、大阪でマンツーマンヘッドスパサロンをさせていただいておりまして、当然のごとく1人で運営(経営)をしております。

経営に関してはド素人で、税務関係は全て税理士さんにお願いしてます。

世間で美容室が2店舗目を出店する理由は「スタッフが育って1店舗だとキャパオーバーだから」とか「お客様がたくさんいらっしゃって手狭になった」などの理由だと思いますが、うちはもちろんどちらにも該当しません。

こんな僕がなぜ2店舗目を作ろうと思ったのか。

それはズバリ

「やりたかったから」

店舗を構えてはいますが、僕自身はある意味「フリーランス」だと思っていて、「ヘッドスパという軸があるならどんな働き方でもいいんじゃないか」という想いが常にあります。

フリーランスの美容師さんはいろんな場所で自分の技術を発揮されておられますが、ヘッドスパのフリーランスというのはあまりおらず、そういった場所も確立されておりません。

何故なのか?

それは「ヘッドスパというものの価値が環境によって変わるもの」だからです。

技術はもちろんですが、シチュエーションでリラクゼーション効果は全く変わってくる施術なので場所を問われるんですよね。

なので通常のヘアサロンではそれが難しく、ヘッドスパのフリーランスはあまりないように思います。

だったら僕は大阪以外でヘッドスパができる場所を自らが作り、大阪を出てもっとたくさんの人に体験してもらおうと思い、今回の構想がスタートしました。

1人で2店舗をすることが無理なんて全く思わない

「1人で2店舗をやる」

これは自分でも無謀だと思います(笑)

分身の術が使えたらいいんですけどあいにくそんな技は持ち合わせておりません。。

まず単純に今よりさらに1店舗分の経費がかかります。

ざっと簡単に考えても家賃、光熱費、材料費など。

でも自分は1人です。

売上を2倍にでもしないかぎり難しいと思うのですが、それはもちろんわかってます。

じゃあこれをどうやってマイナスにせずに継続していくのか。

意外と今の働き方って時間的に「ムダ」があることに気づいたんです。

美容師って基本お客様をお店で待つ、「待ち」の姿勢なんですけど、僕はこれを「待たずに動く」に変えます。

そうなんです。

「いつでも予約が取れるのをやめます」

ほんとなめてますよね(笑)

いつでも予約が取れた方がお客様にしたら便利なのに。

ただ、僕のお客様はほぼ90%以上の方が「次回予約」をくださるんです。

本当にありがたいことです。

ですのでいきなりご来店されるというのはほとんどなくて、事前にお互いが「約束」をさせていただくんです。

これが僕のこれからの働き方に一番影響があって、これがあるから2店舗目を作り、大阪を離れて勝負してみようと考えることができました。

もちろんこの働き方をすることによって残念ながら日程が合わなくなって失客してしまうこともあると思います。

ですが、僕は今後「待ち」の姿勢をしないと決めたので、仕方ないと考えてます。

欲を言えば、今のお客様はもれなく全員させていただきたいですけどね(笑)

「次回予約をいただくことで予約をコントロールさせていただき、空き時間をなくし、最大限の施術を集中して行う」

徹底してやっていけば「ムダ」はなくなり、もっとたくさんの方にヘッドスパができる。

これが僕の考える

「1人で2店舗なんて無理…ではない」

という働き方です。

っていっても失敗するかもですが(笑)

失敗したら次を考えたらいいんです。

死ぬわけじゃないんだし。

多額の借金は残りますが一生懸命働いてまた返せばいいんです。

とかいってると奥さんに怒られるのでこれぐらいにしておきます。。。

ではまた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加