他人のことを批判する時間があったら自分のやるべきことに時間を費やすべき

こんばんは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

他人のことを批判する時間があったら自分のやるべきことに時間を費やすべき

私は今年35歳になるのですが、もうほんとに毎日「時間がない」と思うんですよ。

40歳でサロンワークを引退したいと思っているのであと5年。

あと5年でそのようにできるようにしていかなくてはいけないんです。

これは相当やらんとあかんなぁと。

ですので、他のサロンがどんなヘッドスパをしているとか正直興味ないんです。

参考にするのが苦手。というか…真似した技術は所詮真似したものなんですよ。

だから私は自分しかできない技術を考えるわけです。

これは技術だけじゃなく、接客やサービスについても同じです。

それを教えて欲しいという方にはスクールなどでお伝えしてますがあくまでもそれは考え方なので自分に落とし込んで欲しいのですが。

お客様に対しては自分のサロンを選んできてくださるという期待を裏切っちゃいけないと思って毎日営業してます。

もちろん他サロンや美容師さんの批判なんて言語同断。

てかどうでもいいです(笑)

あ、指摘してくださいって言われたら言いますけど(笑)もちろん有料ですが(笑)

他人のことを批判している暇があったらいいことを考えている人を探した方がいいと思うんです。

いいことはシェアする。

後ろ向きな発言や人は無視する。

これでいいんじゃないでしょうか?

今日も最近オンラインサロン「ルーティン」で活躍されている姫路の美容師・長澤さんが私のツイートをRTしてくださったのを見て…

あぁ私は最近良いことや勉強になることを発言されていたり取り組まれている方を知ろうともしなかったなぁと反省しました。

SNSはいろんな発言をいろんな方がされる議論の場ではありますが、ネガティブなものを見て自分を見失わないようにしっかりと前を向いていかねばと改めて感じます。

もう批判なんかしてる時間はないんですよ。

特にアラフォーになろうとしている私には(笑)

そんな批判ばかりしてる人は勝手に自分で良い方向に行ってくださいって感じですよね。

これは人付き合いも同じことかなと。

誰も自分の人生に責任なんて持ってくれません。

自分の人生の責任者は自分自身です。

あと一年前から自分に言い訳するのやめました。

「ブログ忙しくて毎日書けない」なんていってたのが懐かしい。。

「忙しくなんかないだろ。自分の時間の使い方が下手くそなだけ」

と昔の自分に言ってやりたい(笑)

最近経営者中心のオンラインサロンに入会しましたが

経営者の皆さん誰もがしんどい時期ってあると思います

でも

何事も前向きに取り組んでいきましょー♫

道は必ず開けますから。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加