私がヘッドスパ技術をSNSに載せない理由

こんばんは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

私がヘッドスパ技術をSNSに載せない理由

私はブログを毎日更新し始めてから一度も自分のヘッドスパ技術に関して記述したことがありません。

その理由は

「技術はその場で実際見て覚えて、自分でやってみることが一番大切」

だと考えるからです。

最近はSNSなどで従来より簡単に「方法」「結果」を知ることができるようになりました。

美容技術だけではなく、インターネットでほとんどのことについての「方法」「結果」を知ることができます。

これってすごく便利になったということなんですけど、同時に「知ったかぶり現象」も出てくるんですよね。

知ったかぶり現象というのは「結果」をあたかも自分が作ったみたいに錯覚してしまうという恐ろしい現象です。

ちなみに冒頭の画像は2年前に行ったボリビアのウユニ塩湖です。

画像を見て「綺麗だなー。行ってみたいなー」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際この写真を撮るまでに日本から飛行機を5回ほど乗り継ぎ、約30時間かかりました。行くまでにも高山病に負けない相当な体力が必要となります(笑)

でも実際行ったからそれもお話できるし、そこで体験できた全てのことが記憶や思い出となるんですよね。

colon:ではヘッドスパアカデミーという美容師の方向けのスクールも開講しておりますが、そのスクールの中でのみ、ヘッドスパ技術や話し方、説明方法などをお伝えしております。

SNSではどんなに書いても「体験」は伝わらないと思ってます。

私はヘッドスパを主にお客様にさせていただいておりますが、誰1人として同じ工程の方はいらっしゃいません。

それはお客様の頭皮の状態が全て同じではないからです。

古い考えかもしれませんが、実際に頭を触る力加減や首の持ち上げ方など、その場で実際見て、体験して覚えてやってみるということが一番大切だと思ってます。

本当に便利な世の中になってきましたが、その中でも自分自身でコレはOK、コレはNGと選択できる鋭い選球眼を持ちたいものですね。

体験に勝るものはなし。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加