「ブログが書けない日もある」という考えは自分の成長を妨げる

こんばんは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

スポンサーリンク

「ブログが書けない日もある」という考えは自分の成長を妨げる

去年の4月から毎日ブログを更新させていただき皆さんに読んでいただいているのですが、このように毎日書いていない時期は「ブログが書けない日もある」なんて自己完結してサボっていました。

今でこそいろんなテーマで書かせていただいてますが、当時は「書くことなんてない。どうしよう」なんてこともしばしば。

でも考えてみると一日を過ごして「何もなかった日」なんてないんですよね。

私はブログを「自分がその日生きた証」として書いてます。

大げさかもしれませんが「その日ブログを書けた」ことが生きた証なのです。

だから「ブログを書かない」ということは「その日何も感じずに生きた」ということになってしまうのです。

それが継続した今は「何か人のためになるブログを書きたい」と思うようになりました。

今日はお客様に大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、臨時でお休みをいただきました。

私の大事な家族が危篤状態になってしまったからです。

生きるということが当たり前に感じやすいこの便利な世の中ですが、今一度「生きる」ということに関して考えてみたいと思います。

最期の時までできるだけ一緒にいてあげたいと思います。

いつも私のブログを読んでいただいている皆様、ありがとうございます。

引き続き頑張ります。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加