頭皮用トリートメントってなに?

こんばんは。

みなさんはシャンプーの後にトリートメントってつけますか?

女性ならまだしも、男性の方は約30%の方しかつけないそうですが、トリートメントって実は頭皮に必要不可欠なんです。

今日は頭皮用トリートメントに注目したいと思います。

スポンサーリンク

トリートメントの目的って?

  1. 油分を補い、髪の毛の艶を出す。
  2. 手触りをよくする。
  3. 外的刺激からの保護、毛髪への香り付け。

の3点です。

では頭皮に対してはどんな効果が生まれるのか考えていきましょう。

トリートメントは頭皮につけてはいけないのか?

通常のトリートメントはダメージ部に塗布するのが有用ですので、中間〜毛先につけるものなので頭皮につけることはあまりないという方が多いと思いますが、中には頭皮についたらダメなんじゃないか?と思われる方もいらっしゃいます。

これは一時期シリコンやシリコーンの話が流行した時によく聞かれた話題ですね。

トリートメントにシリコーンが入っていると頭皮の毛穴に詰まり、発毛が妨げられるという話です。

ではトリートメントは本当に頭皮につけてはいけないのでしょうか?

シリコンとはケイ素と呼ばれる岩石などに含まれる物質のことで、シリコーンはこのシリコンを使ったケイ素樹脂と呼ばれる自然界には存在しない人工物です。

もちろん人体に影響がないかも研究されてますし、缶コーヒーにもシリコーンは入ってます。

シリコーンは揮発性のものが多く、前述にあった頭皮に詰まるというのはしっかり流すことで解消されます。

ですので頭皮につけてはいけないということはないのです。

シリコーンが毛穴に残らないのはわかったけど、頭皮にトリートメントをつけた方がいいの?

「頭皮につける必要がない」という意見の方が大半ですが、僕はcolon:でお客様に「頭皮用トリートメント」をオススメしてます。

基本的に頭皮用トリートメントをオススメする方は、「頭皮にトラブルのあるお客様」ですが、それ以外の方にも予防効果があります。

脂症、乾燥、敏感肌など様々な頭皮の状態の方が来られますが、頭皮トラブルで悩まれている大半のお客様が「洗いすぎ」による頭皮の「荒れ」が原因です。

スキンケアを想像していただくと、洗顔をしたあと化粧水や乳液をつけますよね?

シャンプーのあとに頭皮になにもつけないというのは化粧水や乳液をつけずに外的刺激に晒すということなのです。

頭皮用トリートメントであればシリコーンフリーのものや通常のトリートメントよりシリコーンの配合量も少ないものが多いので、シリコーンに抵抗のある方も使っていただくのに違和感はないと思います。

頭皮に対してダイレクトに保湿ができるのが頭皮用トリートメントなのです。

じゃあ髪の毛のトリートメントはどうしたらいいの?

男性であればショートスタイルの方が多いので、髪の毛もそのまま頭皮用トリートメントをつけていただいて問題ありません。

女性の方も頭皮用トリートメントだけ使われても十分ですが、毛髪の保湿などが気になる方は髪には通常のトリートメントを分けて使っていただくといいでしょう。

頭皮が乾燥しやすい方は毛髪も乾燥しやすい方が多いです。

かゆみなどがあれば一度お試しいただくことをオススメします。

頭皮用トリートメントのまとめ

いかがでしたでしょうか?

普段使われてるトリートメントにプラス頭皮用トリートメントを使用されることでかゆみやフケなどの頭皮トラブルを回避することができます。

colon:ではお客様一人一人に合わせた頭皮ケアアイテムもご用意しております。

カウンセリングだけでもお気軽に。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加