オープン以来ずっと結果を出し続けているトリートメントメニュー

こんにちは。

大阪・天満の個室型マンツーマンヘッドスパサロン「colon:」の田口です。

スポンサーリンク

オープン以来ずっと結果を出し続けているトリートメントメニュー

colon:ではヘッドスパがメインメニューとなっておりますが、髪の毛に対するトリートメントにもこだわりをもっております。

このトリートメントメニューは一度体験されるとほとんどのお客様がやみつきになるというもので、colon:でも一番人気のトリートメントメニューとなっており、ヘッドスパと同時にされる方も多いです。

今日はそんなトリートメントメニューに関してお話します。

イタリア・ローランド社のリライフトリートメント

img_2471

colon:の頭皮ケアメインのコース「オーガニックハーブスカルプケア」でも使用しているイタリア・ローランド社のリライフトリートメントは自社で栽培したハーブを使用するバイオダイナミック製法というものでプロダクトを製造しています。

いわゆるオーガニックトリートメントと呼ばれるものです。

リライフトリートメントで使用するものは下の3つ。

リビルディングセラム

img_2472

植物性タンパク質が毛髪内部のケラチン構造を補修し、抗酸化性を持つマルチビタミン複合体が弾力としなやかさを与えます。

ミネラルソルト 3ml

img_2473

鉄、マグネシウム、亜鉛、銅、ケイ素を含有した濃縮液で潤いと柔らかさを出してくれます。

タンパク質の浸透と固着を促します。

セラミド  3ml

img_2474

セラミド3という抽出が難しく手間がかかる、保湿に富んだ成分です。キューティクルに保護膜を形成し、失われた油分も補給してくれます。

この3つを混ぜて使用するのですが、ここで各薬剤の「単価」を見てみましょう。

リビルディングセラム =一人分40g=¥552

ミネラルソルト      =一人分1本=¥1007

セラミド      =一人分1本=¥1007

合計                 ¥2568

(髪の長さミディアム、毛量が標準のお客様の場合)

美容業界で言われているトリートメントの材料費はおよそ15%〜20%と言われていますが、リライフの場合、29.7%です(リライフトリートメントの料金は¥8640)

これにシャンプー剤や光熱費などがかかってくると経営上は「儲けはない」に等しくなってきます。

ではなぜcolon:ではオープン以来リライフトリートメントを続けているのか

答えは単純です。

「モノがいい」のと「結果が出る」からです。

業界では材料費を極端に少なくするという傾向にありますが、本当にいいものを使い、いいサービスを提供するにはこういうところに出資しなくてはいけないという想いがあります。

もちろんそれ以外の部分では節約したりしてますが、妥協は絶対したくない。

ヘッドスパで使用しているハーブクリームも同様です。

一流のサービスを目指すのであれば一流のプロダクトをセレクトしていきたいのです。

ちなみにコーティング系のトリートメントに飽きた方にはかなりオススメです。

素髪のしなやかさ、柔らかさを手にとって感じていただくことができます。

これからもcolon:は美髪を追求していきます。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加