SNSに強いって何だろうと考えてみる

おはようございます。

大阪・天満のマンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

最近美容師友達に

「田口はSNSが強くていいなぁ」なんて言われることが多くなりました。

SNSに強いってどういうことなんだろうと考えてみました。

今日はそんなお話をブログに書きたいと思います。

スポンサーリンク

SNSに強い=インターネット関係に強いということではない

当たり前の話ですが、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)をよく更新しているからといって、インターネット関係に強いってことじゃないんですよね。

SNSに強い=よく更新している

ことかなと。

私自身はHTMLなんて米粒ほどもわかりませんし、WordPressにいたっては詳しい友人に聞いて少しだけ理解しているぐらいです。

私はSNSにブログをリンクさせて更新しているだけで周りに仕事ができるように見えるならやるべきだと思うので、「できないなら聞くなり調べなりしてやればいいのにもったいないな」と感じるわけです。

継続が大事

昔mixiやアメブロで書いていたブログを見直すと笑いが出るぐらいわけわからんことを書いていて、今とは感じてることも違うんですけど、それが悪いってわけではなくて、ブログってなんか日記みたいだなって思うんですよね。

その時の出来事や思ったこと、体験したことを書きとめておく。

もちろんアクセス数を稼ぐならそういう書くコツみたいなのもあるんでしょうけど。

なんかアクセス数を気にしてブログを書くっていうのも面白くないですよね。

「Facebookのいいねが少なかったから今日のブログはダメ」みたいに考えたり。

「ビジネスいいね」もあったりするのにねw

とにかく自分が考えることを書いたらいいと思うんですよね。毎日。毎日。

何も感じることがなかった日なんてないと思うんですよ。

生きてるんだから。

自分の知識や経験を周りに伝えることが自身を成長させる

もったいぶってもしょうがないんですよね。

私の場合、自分のやっていること、思うこと、独学で学んだ技術や情報を書いてるだけなのでそれを読んでいただいてるってことだけで驚きですw

自分の知っていることはできるだけ周りに伝えたほうがいいです。

それが合っていれば、賛同していただけるし、間違ってたらすぐごめんなさいしちゃえばいいんです。

他人の意見も知ることができる。

私はほんとに成長させてもらってるなと思います。

自分は伝えるのが下手と思うなら本を読もう

有名なブロガーさんを参考にしてもいいと思いますが、私は本を読むことをオススメします。

文面の構成なんかはもちろん、漢字も学べるし、なんといっても本を出せるぐらい著名な方の思想を¥1000ちょっとで読むことができるんですから。

読書ってためになるかどうかはその人次第だと思いますが、ブログを書くのだったらオススメします。

SNSはやればやるだけ強くなると思う

毎日ブログを書くって歯磨きと一緒なんですよね。

慣れると更新しなかったら気持ち悪いって思うぐらいになったら○ですw

さらに「私のブログを楽しみにしている読者がいる」なんて勘違いをしだすと完璧ですw

SNSってすごく拡散力があるのでやればやるだけ広まっていきます。

自分の考えていることを他人が知ってくださってるなんて嬉しいですよね。

それがSNSの魅力ですね。

SNSが強いというのは幻想かも

自分がやってないことに対しては誰しもがすごいと思うものですよね。

私自身も他の美容師さんのブログを見て「すごい」って毎日思ってます。

今の時代SNSが普及したからこういう形になっているだけで、本来は「クチコミ」が1番望ましいところです。

といってもネット社会に追従しているこの世の中。

やればやるだけ成長できるのであればやってみてもいいんじゃないでしょうか?

できないんじゃない

やってないだけさ

私ももっといろんな知識を得て、広めていきたいです。

他人の為になることが自分の糧になると信じて。

あ、友人をディスっているわけではありませんのであしからず。。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加