WiMAXの2台目を契約したのでもう一度キャッシュバックについておさらいしてみる

こんにちは。

田口です。

ちょっと前にこんなブログを書いてました。

iPhoneを使うのをやめて2年が経った話

これからというもの、WiMAXの便利さに気づき、最近も某美容師さんにお伝えして無事、通信制限から解放されておりました。

で、

WiMAXが有能すぎるので、今回新たにもう一台契約しました。

2台持ちの理由は

  • スタッフが増えたので自分個人のWiMAXと店のWiMAXがあったほうがかなり便利
  • 先月出た新しい機種のスペックが魅力的だが、2年縛りのため、3年目で変えるのには多額の手数料がいる
  • キャッシュバックの金額が8月末までだったら嬉しい金額だった

というものでした。

1台目がGMOとの契約だったのですが、2台目を契約するとなんと…

誠に恐れ入りますが、二台目のご契約からは預託金【29,582円】が
発生いたします。預託金のご入金後に端末の発送手配となりますので、
何卒ご了承くださいますようお願い致します。

ぐぬぬ。高すぎる。

とのことで

2台目はDTIとの契約にしました。

IMG_1959

最新のポケットWi-Fi W03

今のところ問題なしです。

タッチパネルになってるのがすげえ。

で、今日の本題です。

スポンサーリンク

キャッシュッバックを確実にもらうためにやっておくべき3つのこと

WiMAXは契約後1年経つとになんらかのキャッシュバックがあります。

で、忘れてはならないのが、自動キャッシュバックではないということ。

契約者本人が自ら申請しないとキャッシュバックされません。

ちなみに私の1台目のキャッシュバックは¥40000でしたのでバカにできません。

確実にキャッシュバックをもらうためにここにやっておくべきことを書いておきます。

1、利用開始日を確認する

キャッシュバックは利用開始月から11ヶ月目にキャッシュバックの申請ができるようになります。

ここで申請をして、12ヶ月後、つまり一年後にキャッシュバックされる仕組みです。

これはメールで送られてきますので、利用開始日の11か月後を把握しておけば、申請を忘れずにすることができます。

しかしここにも落とし穴が…

2、メールアドレスの設定を忘れずにしておく

先ほどお伝えした通り、キャッシュバックの申請はメールで送られてくるのですが、普段使っているメールアドレスではなく、通信会社が別枠で設けたドメインに送られてきます。

例えばGMOでしたらxxx@aka.gmobb.jpのようなドメインになります。

これも設定しておけば普段使っているメールアドレスに転送されますので、忘れずにやっておきましょう。

3、振込口座の確認をしておく

キャッシュバックは振込で行われるため、口座情報を確認しておきましょう。

契約時の口座の契約者名が違うと適用にならないのでここも要チェックです。

以上、「キャッシュバックをもらうためにやっておくべき3つのこと」でした。

皆さんもキャッシュバックを忘れずもらって快適なWi-Fi生活を楽しみましょう。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加