人には適正があるよって話

こんばんは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

今日は「適性」についてのお話。

誰しも向き不向きってあると思いますが、美容師で考えると技術に対してということになります。

私自身はヘッドスパを主にさせていただくスパニストですが、中にはカットが得意、カラーが得意といったスタイリストもいらっしゃることでしょう。

この「適性」と呼ばれるものは自身が気づくもの、そして逆に他人(主にお客様)から気づかせてもらえるものがあります。

特に後者はすごくありがたいことで、客観的に自分の得意なものを教えていただくことができます。

実はあまり得意ではない技術がお客様からしたら唯一無二のものであったり、感動するものであるということがあります。

しかしそれには日頃のレッスンや苦手意識をなくそうと頑張っていたからそのような評価に繋がったと考えられます。

これから先、何が自分の「武器」になるかわかりませんが、日々そういった気持ちは持ち続けたいですね。

「適性」を自分自身で理解し、「武器」を持てばその武器をさらに磨くことに注力できます。

薄利多売ではなく、自分の武器を価値を知っているお客様に提供できるようにしていきたいですね。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク