僕が電子書籍で本を読まなくなった理由

こんにちは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

僕は月に3冊の本を読むことを自分に課しているのですが、今まで読んでいた電子書籍をやめて、最近は全て書籍のまま買っています。

なぜそうしたのか今日は書いていきます。

スポンサーリンク

電子書籍の方が安いし、便利。だけど…

iPad miniをいつも持ち歩いている僕は、サロンの会計や何か調べ物をする時にでも全て使っています。

当然のごとく、Kindleや楽天koboといった電子書籍閲覧アプリも入っており、そこで読んでいました。

電子書籍って紙の本より定価が少し安いんですよね。

「お得だ〜」とか思いながら買ってました。

でも実は最近本を買うときは紙で買ってます。

雑誌や漫画は今でも電子書籍で見るのですが、著名人が書いた本は紙で見るっていうのに変えました。

理由は

「集中して本の中身を理解し難い」

というものです。

最近は本当に便利で、iPad miniで読んでいるとポップアップでLINEやメールが来たことを知らせてくれたり、ニュースが入ってきます。

音楽も聴けるし、アプリもすぐ見れるし、便利です。

ただ、「本を読むということに関しては合わないな」と思ったのです。

誘惑が多すぎるw

紙をめくるのも、その本の重量感を感じることも大切なんじゃないかと思うようになりました。

「自分の意識を強制的に本の中身に集中させる」というのが大切かなと。

読んだという実績だけでは読んだうちには入らないですしね。

中身を理解してそれを自分に置き換えたりすることが大切ですよね。

最近はカフェで本を読むのがすごく楽しいです。

アマゾンの中古本も恐ろしく破格で綺麗な本が手に入るのでちょくちょく利用してます。

今日も一冊読破したいと思います。

良い1日を。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加