【美容師の】「手」に保険がかけれるか調べてみた【命】

こんにちは。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

今日は普段疑問に思っていることを調べてみたシリーズです。

スポンサーリンク

「手」に保険をかけることはできるのか?

美容師にとって命ともいうべき唯一の道具、それは「手」です。

スパニストの田口にとっても大切なものです。

ではもし事故や怪我で手がなくなったら…って思ったことありませんか?

今日はいつもお世話になっている保険会社の方にもいろいろと聞きつつ調べてみました。

モデルさんのパーツ保険は宣伝目的?!

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s

手タレと呼ばれる手をメインとしたモデルさんのや女優さんのに保険がかかってるという話は聞いたことがあるのですが、調べてみるとこれは短期間かつ高額な保険料(数百万単位)だそうです。

この場合特別な契約になるそうで、その価値を証明できるぐらいの有名人保険会社の広告宣伝に使えるごく限られた人が該当するようです。

確かに何十万人という美容師全員がそんなことをするのは現実的ではないですね。。

じゃあ手が使えなくなったら?

FullSizeRender 5

私たち美容師は手が使えなくなったら絶望的ですよね。。

こういう時は生命保険傷害保険が使えるそうです。

ただ会社として運営されているサロンに勤務されている美容師の方ならまだしも、うちのような一人で個人事業としてのサロンになると毎月の給料が固定ではないため、傷害保険も微々たるもの。。

固定費を払うこともできないかも…

いつ手が使えなくなるかわからないので準備は必要

もし明日手が動かなくなったらあなたはどうしますか?

とりあえず僕は泣きます笑

今加入している傷害保険がどのくらいカバーしてくれるのか、保険を使わないのであれば貯金しておくなどの準備は必要だと思います。

私は手だけでなく、自分が死んだ時に家族にお金の面で迷惑がかからないように収入保障保険や傷害保険もグレードアップしております。もちろん生命保険も…

かなりの出費ですけどね。。。

ほとんどは用心して気をつけていれば大丈夫だと思いますが、いざそうなった場合、想像をはるかに超える精神的ダメージや経済的な負担があると思います。

備えあれば憂いなし。

未来を見据えて入られている保険や会社の規定などを一度確認してみてはいかがでしょうか?

美容師だからこそこういうところもしっかりとチェックしておきたいですね。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加