力任せのヘッドスパがNGな3つの理由

こんにちは。

ヘッドスパサロンcolon:の田口です。

今日は技術的なお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

力任せのヘッドスパがNGな3つの理由

colon:に初めてご来店いただいたお客様によく言われるのが

「ヘッドスパって痛くないんですね!」

と言うもの。

そもそも僕からすると

「ヘッドスパ=痛い」

が理解できないのですが、

何人かのお客様は

「痛い=効いてる」

のように捉える方がいらっしゃるようです。

僕の見解では力強いヘッドスパはお勧めしません。まして痛みを感じるなんてもってのほか。

今日は力強いヘッドスパがNGな3つの理由をお伝えします。

頭皮に余分な摩擦が起こり、頭皮トラブルが悪化する可能性がある

頭皮の状態は様々なので、その方の頭皮の状態を見て力の加減、もしくは発疹が起こっている場所を特定しないと、頭皮ニキビをつぶしてしまったりして、頭皮トラブルが悪化します。

まずはヘッドスパをする前に問診、視認、触診をして頭皮トラブルの有無を調べてから施術を行う(受ける)ようにしましょう。

毛髪を引っ張ることで抜け毛が発生したり、ストレスが発生する

力任せのヘッドスパは頭皮だけではなく知らぬうちに髪の毛自体にもダメージを及ぼします。

髪の毛が引っ張られて痛いというストレスを感じることで本来のリラックス効果は期待できません。

そして抜け毛の原因にもなりかねません。

頭皮は血管や筋肉があるデリケートな部分ということも理解する

むやみやたらに力強くヘッドスパをすると偏頭痛が起きたり(通常のマッサージでいう揉み返しに近い状態)と、よくない方向に行ってしまいます。

頭は人間の部位の中でもトップクラスにデリケートな部分です。適切な力加減で行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでの事例以外でもヘッドスパの施術中に万が一、痛いと感じたらスパニストや美容師さんに申告しましょう(遠慮はいりません。もしそれで美容師さんの機嫌が悪くなったらそれまでということです笑)

正しいヘッドスパはお客様の頭皮状態によって違います。

ご自分にあったヘッドスパを受けてもらえるよう、少しでも気になったことは質問することも大事です。

素敵なヘッドスパライフを。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加