「噛む」ことの大切さ

おはようございます。

マンツーマンヘッドスパサロンcolon:の田口です。

今日は普段食べるときにすることについて調べてみました。

スポンサーリンク

噛むことって大切なことなの?

1aa7d7a50bbb06f713c9aee9d00252f4_s

「早食いをすると太る」なんてよく言いますが、これは噛むことによって満腹中枢から満腹感の信号が出されるということを無視して「食べ過ぎてしまう」ということが理由です。

満腹中枢が満腹感を教えてくれるのは食事スタートから15〜20分と言われているので、それまでに胃に食べ物をたくさん詰め込みすぎてしまうというのが太る原因でもあります。

ですので、噛まずに食べられる炊きたての白米の一気食いやプリンなどの甘く柔らかいデザートは避けるべきです。

噛むことで痩せる?

8c029f6a50f8436cbf60833ad5a9696c_s

噛むことで脳からヒスタミンという脳内物質が分泌されます。

このヒスタミン、実は内臓脂肪を分解する働きがあるのです。

内臓脂肪は皮下脂肪と違い、落としにくく気づきにくい脂肪です。

噛めば噛むほどヒスタミンが分泌され内臓脂肪を分解してくれます。

噛むことによる相乗効果

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

噛むことによって出るものはヒスタミンだけではありません。

唾液に含まれる、老化を抑制し、若返りに役立つ成長ホルモンも分泌してくれます。

噛むことで若返るなんてすごいですよね。

噛む回数は?

2687b7c6b749ff0828f53762135df14f_s

口に入れたら50回噛むといいとされています。

柔らかい食べ物を多く食べることが最近の傾向になりつつありますが、たまには硬いもの(するめやせんべいなど)を食べて顎の強化も意識するといいですね。

まとめ

噛むことで耳の上の側頭筋が動き、血行が良くなることで偏頭痛も軽減されます。

美味しいものを食べるときもしっかり噛んで一石二鳥にしちゃいましょう。

see you

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加